オトナの海ドラ ヨーロッパが誇る3大TVシリーズが、ついに日本上陸

ジャン・レノ主演 刑事ジョー パリ犯罪捜査班 エミー賞受賞のプロデューサーが放つ今年度大本命の海外TVドラマ!! 予告編 ダイジェスト
INTRODUCTION 世界120地域で放映!本国フランスでは740万人が熱狂!!ジャン・レノ主演×エミー賞受賞のプロデューサーが満を持して放つ、今年度大本命の海外TVドラマ!!今やフランスだけでなく世界を代表する国際派俳優となったジャン・レノ。そのジャン・レノが「LAW&ORDER」でエミーを受賞した脚本家・プロデューサーのルネ・バルサーとタッグを組んで製作されたのが本作だ。パリを舞台にしながらも、世界市場を視野に入れ、全編英語で撮影された。ジャン・レノが演じるのは、仕事は有能だが私生活は破綻しているベテラン刑事、ジョー。アル中や薬物依存、そして娘アデルとの親子関係など様々な問題を抱えながら、パリの名所で起きる難事件に挑んでいく。『レオン』や『ダ・ヴィンチ・コード』など数多くの映画に出演してきた彼だが、TVドラマは今回が初主演。この国際的プロジェクトは大きな話題となり、全世界120以上の地域で放送、本国フランスでは740万人の視聴者を獲得!今年度大本命の海外TVドラマが、遂に日本上陸!!
STORY 作品の様子 パリ警視庁犯罪捜査班の刑事ジョーは叩き上げのベテラン刑事だが、素行が悪く、酒を飲んで犯罪現場に現れるような荒んだ生活を送っている。しかし、ひとたび仕事に取りかかれば足と勘を使った地道な捜査で事件を解決する頼もしい名刑事だ。そんなジョーの気がかりは、残された唯一の家族である娘のアデルだ。二人はアデルの母の死をきっかけに再会するが、長い間父親としての務めを果たしていなかったジョーにアデルは不信感を隠せない。ジョーはアデルがドラッグの売人と付き合っていることを知り、娘を守ろうと奮闘するのだが逆に反発されてしまう。そんな時、アデルを通じてシスターのキャリンと出会い、良き相談相手として頼りにするようになるのだが・・・。一方で、ノートルダム大聖堂、エッフェル塔、オペラ座など、パリの名所で起きた殺人事件に、捜査班のメンバーと共に挑んでいく―。
POINT! ジャン・レノ、TVシリーズ初主演!『レオン』『ミッション:インポッシブル』『ダ・ヴィンチ・コード』など数々の映画に出演し、フランスを代表する国際的スター、ジャン・レノ。その彼がTVシリーズ初主演を飾るのが『刑事ジョー』だ。本作では、主演を務めるだけでなく企画段階から参加しており、この作品に賭ける意気込みが伺える。ジャン・レノが演じる刑事ジョーは『ダ・ヴィンチ・コード』で彼が演じたファーシュ警部のキャラクターを膨らませて、パリの裏社会にも精通する過去を持たせたのだそう。闇を抱える複雑なキャラクターを魂をこめて演じ切り、映画作品と同様、圧倒的な存在感を放っている。 事件の舞台となるのはパリの名所の数々エッフェル塔、ノートルダム大聖堂など、観光名所が数多く存在し、世界屈指の観光地であるパリ。本作では、毎回、それらの名所に関連した事件が起きる。ジョーの捜査は、パリを最も象徴する場所の裏の顔へ観る者を導き、「花の都」パリの光と影を映し出していく。オールパリロケによる美しい映像、そしてこれまでカメラが入らなかった場所を覗き見ることができるのも、大きな魅力の一つだ。
<事件現場となるパリの名所>ノートルダム大聖堂、エッフェル塔、コンコルド広場、アンヴァリッド、ヴァンドーム広場、ヴォージュ広場、オペラ座、カタコンブ。 個性的なチームの面々 ジョーを支える捜査班のメンバーも個性豊かだ。ジョーの相棒となるのは、名門ソルボンヌ大卒の若手エリート刑事バヤール。オタクな鑑識のエキスパート、ノルマン。口は悪いが腕は確かな検死官、アンジェリク。そして厳しくも良き理解者である上司のドルモン。役柄と同じく演じる俳優陣も、アメリカ、イギリス、アイスランド、アイルランドなど国際色豊かで個性溢れる才能が集まった。ドラマでは重く暗いテーマを扱っているが、撮影現場はジャン・レノを中心に笑いが絶えなかったそう。ベテランと若手が見事に融合し、抜群のチームワークで“犯罪捜査班”を作り上げた。

CAST & STAFF

相関図
DVDリリース情報 2013年フランス=イギリス/全8話収録/品番:ALBSD-1751¥7,600(税抜)レンタルDVD全4巻同時リリース! 刑事ジョーを購入する